ブログ

マラソン・ランニングによるスネの内側の痛み

マラソン、ランニングでのスネの内側な痛みについてですが、脛骨の内側から足底部にまで走る後脛骨筋(こうけいこつきん)という筋肉があり、そこが走っているうちに炎症を起こし痛み出す時があります。

私も現在ランニングをしていますが、長距離走っているとたまに痛む事があります。

その際当院で、アイシングやストレッチ、電気治療(ハイボルテージ、立体動態波、低周波、超音波)、鍼灸、マッサージ等を施し、ケアをしています。

いつも早めに施術をしているため、早期に治ります。

中には痛みを我慢して走り続けている方もいると思います。

危険です。シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)や、疲労骨折を起こしたりします。

そうなると長期に渡り痛み、時間がかかります。

そうなる前にぜひいちむら接骨院へお越し下さい。

スポーツによるケガ、日常生活によるケガ、交通事故によるケガ等早めの受診をお願い致します。

受傷されてから時間がたってしまうと健康保険や自賠責保険等効かなくなってしまうことがあります。

不明な点があればお問い合わせ下さい。

 

いちむら接骨院

↓こんな記事も読まれています。↓
お問合せ
つくば市二の宮、洞峰公園から徒歩1分。西大通り沿い。
いちむら接骨院
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4-14-5 TEL 029-852-5556
市村鍼灸治療院
HOME 当院の特徴 診療案内 保険診療 自費診療 当院の紹介 よくある質問 治療の流れ
© ichimura sekottuin. All rights reserved.
↑Top↑